スーツ関連情報について

自分の役職にふさわしいスーツを

女性管理職が増える中、ビジネスシーンですから女性もスーツを着る必要があります。
女性のスーツスタイルで目指すところは、意図のある80点という着こなし術です。
敢えてのマイナス20点の部分は女性ならではの配慮や控えめさを表現しています。
スーツの基本ルールの中で、どんなところを自分に取り入れて、色使いや小物などを何を引き算して調整するのかを考える上で、まずは基本を見直してみることが大切です。
役職に相応しいスーツはと考える時、それは個性的や高級であることではありません。
TPOに応じて自分が与えるべき印象に、きちんと配慮した装いを選ぶことこそが基本です。
たとえば、重要なクライアントとの会議であれば、まだお付き合いして間もない相手なら、この人に仕事を任せても大丈夫という信頼感を得るために正統派の色であるグレーにします。
シンプルなテラードジャケットできちんと感をおさえつつ、インナーにとろみのあるネイビーブラウスを合わせ、パンツスタイルで知的な女らしさを出し余裕を見せます。

Copyright(c) スーツ All Rights Reserved.